[158] かなりいい感じです かつぼん 

いろいろありましたが(なんと5月のゴールデンウィークからやっている)
だいぶいい感じになりました。

油面を上げ、アイドリングさせ、キャブの細部に少しずつ
パーツクリーナを吹くと、エンストする箇所が!
この細い真鍮(?)のパイプの根本です。
このパイプは、始動時のスタータの経路です。
フロート室(下側)から吸い込んだスタータ用の混合気を
このパイプで上側のスロットルバルブのエンジン側に送るのです。

この下側の根本部分(赤色の丸部分)から空気を吸っているよう
でしたので耐ガソリンの液体ガスケットを塗って塞ぎました。
上側は問題ないようでしたが、同様に液ガスを塗っておきました
(黄色の丸部分)。

しかしこれもあまり不調には関係がないようで、結局、
ジェットニードルのクリップ位置を1段下げて(5段階の真ん中に
なりました)、かなり良くなりました。

これで様子をみることにします。
[ココをClick]

(2020/08/15 11:29:16)

Click:
[158-1] なんで? かつぼん

なんでこんな構造なんでしょうね。
スタータの経路は必ず要るものなのですから
キャブの外にこんなパイプを設けず、あらかじめスタータ経路を
キャブ本体にビルトインしておけばいいように思います。

細いパイプが外部に露出していますから、外力が加わって、
ヨロシクないと思います。
実際、少し曲がっていました。

2020/08/16 06:07:57

[158-2] 無題 テキサス

ザクと一緒だと思います(笑) (2020/09/01 10:30:42)

[158-3] ザク かつぼん

テキサスさん、
これ↓ですか。
>>前駆型のMS-05 ザクIとは異なり、駆動用の流体チューブを
>>収納するパイプが機体各部に露出している。
>>動力パイプが機体外部に露出する事により、内部に余裕が
>>生まれ改良が容易となった。

ガンダムは全く見ていないのですが。露出していると破壊され易い
と思いますねぇ、、、 特に兵器としてはヨロシクないような。

(2020/09/03 16:09:16)

[158-4] 無題 テキサス

これ、返信すっかり遅れました。

多分、ガソリンやエアが通過する回路を加工する上で、どうしても内部に加工しきれなった部分を外にチューブという形で出したんだと思います。

ザクもチューブを外に出す事で機動性が上がったんですよねー。
ご指摘の通り確かに弱点でもあったとされていますが(笑)。
(2020/11/11 14:20:37)

  この記事は このアドレス で表示できます。

[ TOP ] [ HOME ]
Cool Shot! Ver. 4.1